発達障害ライターが感じる障害者手帳を取得した場合のメリット

発達障害

どーも、スンダヴです。先月4月に障害者手帳(精神・3級)を取得しました。具体的にどういうメリットがあるのか?という点が気になる方もいると思うので、思いつく分を解説します。

障害者雇用で働ける

精神の3級の場合は、これが一番大きなメリットです。一定の配慮がある職場で、安心して働くことができます(給料は低いですが)。

障害者雇用を扱うエージェントも、障害者手帳がなければ利用できません。「申請中でもいいじゃないか」と思いがちですが、手帳未取得と知られると「お話は手帳を取得してからで…」とすぐに話を切られます。障害者手帳の取得には時間がかかるので、障害者雇用を目指す場合はすぐに取得しましょう。

電車代が安くなる

障害者手帳を取得することで、電車賃が半額になります。券売機の所にある「福祉」のボタンを押すことで、価格が通常の半額になるのです(どれだけ安くなるかは都道府県によって多少違うようです)。

現在僕は車の運転に苦手意識があるので(免許は持っているがほとんと運転していない)、電車賃半額は結構便利だなと感じています。自動運転が実装されるまで、電車を使っていきたいです。ただし、新幹線は対象外のようなので注意しましょう(精神障害は今のところ割引制度なし)

博物館、映画館を安く利用できる

映画好きな方や観光好きな方にはうれしい制度となります。博物館は無料になるところが多く、コストを浮かせます。映画館は一律1,000円になるので、昨今の値上げも気にせず見ることが可能です。

ただし、障害者手帳を保有していることを知らない人と行動していると出しにくいという問題があります。家族と博物館に行きましたが、家族にはまだ伝えていないので出せずじまいでした。

総合的にどうなのか

総合的に判断すると、「精神3級の場合は、障害者雇用を受けられるのが最大のメリット」と言えそうです。障害者年金など別途申し込みが必要な措置がたくさんあるので、手帳取得はゴールではなくスタートであるという意識が必要でしょう。

また、最大限活用するには障害を開示する心構えが必要と感じました。提示して料金が安くなる場面があっても、障害を開示していない人と一緒に行動していると、躊躇したり尻込みするのが現状です。頑張って取得した手帳をどう使うのか、今一度考えてみましょう。

です。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました