発達障害当事者におすすめの副業4選

スンダヴ×副業

溜池山王駅前の外堀通りの写真

どーも、スンダヴ(@1PVFisXfm6gY8qd)です。

今回は、「発達障害当事者におすすめの副業とはなにか?」ついて語っていきます。

副業に興味がある方は、ぜひご覧ください。

発達障害と診断されたら副業がおすすめ

信州武石の俯瞰図と実りを向かえた田園風景の写真

そもそも、なぜ発達障害当事者が副業をする必要があるのでしょうか?

理由は、4つあります。

①お金を稼ぎにくい

生活に困らない分のお金を稼げている発達障害当事者は、多くないのが現状です。

会社に障害を申告しないクローズ就労で働く方は、ミスを連発しても理由を理解してもらえず、なかなか給料が上がりません。

とはいえ、会社に障害を申告するオープン就労では、多くもらえて年収200~250万円が大半でしょう。

日本全体の不景気もあり、なかなかこの状況から抜け出せません。

生き残るためにも、副業での収入補填が必要となります。

②仕事が続けられなくなった時の保険

感覚過敏、うつ病など2次障害に苦しむことの多い発達障害にとって、「仕事を続ける」というのは簡単でありません。

「突然会社にいけなくなってしまった」「体調が悪くて仕事を続けられそうにない」「解雇や契約解除を言い渡された」など、仕事を続けられなくなった方は数多くいらっしゃいます。

そうなった時、「本業以外何もしていない」「副業で多少なりとも収入がある」とでは、難易度がまるで違います。

万が一の時に備え、副業もたしなむ必要がある時代なのです。

③自分に自信が持てる

副業でコツコツ実績を積み重ねていけば、本業では得られない自信をつけることができます。

本業では見えなかった自分のスキルや能力を発見し、「自分にも出来る仕事はあるんだ!」という希望が見えてくるのです。

僕自身、ライターの副業で「なんだ、自分にもできることがあるんだ」と余裕を持つことができ、本業で辛いことがあっても気にならなくなりました。

ぶれない自分を作るためにも、副業が必要なのです。

発達障害当事者に続けられる副業の条件とは?

平和通り商店街(沖縄)の写真

とはいえ、「発達障害でも続けられる副業がなんだか分からない…」という方も多いです。

発達障害の特性にもよりますが、以下の3点が重要だと僕は考えます。

①黙々と働ける

マルチタスクやコミュニケーションが苦手な発達障害にとって、チームを組んで行う仕事は天敵です。

もちろん、コミュニケーションが一切ない仕事というのは存在しませんが、出来る限り避けながら仕事ができるとよいでしょう。

必要最低限の確認以外は、黙々と働ける副業がおすすめです。

②パソコン1台で出来る

 

肉体労働や外回りの多い副業は、向き不向きが激しくお勧めできません。

パソコンを使い、スキマ時間を使って在宅でできる副業が望ましいです。

心身の不調で外出できなくなっても、収入を稼げる手段になります。

③創造性を発揮できる

何らかのオリジナリティや創造性を発揮できる副業なら、なおよしです。

創造性のある仕事は代替されにくく、収入も高額になります。

ただし、その分スキルが必要となるので、「自分が人より得意なことはなにか?スキルを磨けそうなものはあるか?」を一度考えてみましょう。

発達障害当事者におすすめの副業4選

夜の交差点を行き交う車の写真

上で挙げた条件を満たす副業は、以下の4つがおすすめです。

①WEBライター

インターネット上で掲載される記事を執筆する副業です。

始める際特別なスキルが不要なので、副業初心者の多くがライター業に従事しています。

カメラ撮影、webデザイン、特定のジャンルに対する専門知識があると、単価も跳ね上がります。

②webデザイン

webサイトの視覚面を整理・再構築する副業です。

「Illustrator」や「Photoshop」に代表されるソフトウェア、「HTML」や「CSS」などのプログラミング言語に対する知識が必要となります。

就労移行支援で学べる事業所が多いので、発達障害当事者で従事している方が多い副業です。

③プログラマー

コンピューターのプログラムやシステムを作成する副業です。

webデザインと比べても難易度が高く、副業として従事する際は注意が必要となります。

ただし、実力さえあれば黙々と作業に打ち込む事が可能で、収入も高額を狙える副業です。

④ブロガー

自分でブログを開設し、アフィリエイトやアドセンスなど広告を貼って収入を得る副業です。

webライターとは違い、自分が書きたいジャンルを極められる・当たった時のリターンが大きいというメリットがあります。

ただし、80%の方が収入1万円以下というデータがあり、手っ取り早く収入が欲しい方には向いていません。

副業から、発達障害当事者の逆転が始まる

金色に輝く仙台の夜景の写真

発達障害と診断された場合、なんでもいいので副業を始め、収入を得ていくのがおすすめです。

世相は「副業やることが当たり前な時代」へ動き出しており、まだ競合者の少ない今始めればチャンスがあります。

今回紹介した副業を始め、自由な人生を得るための第一歩を踏み出しましょう。

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました