障害者雇用+副業が最強な理由5選

スンダヴ×副業

陽射しを浴びる聖書の写真

 

どーも、スンダヴ(@1PVFisXfm6gY8qd)です。

発達障害が副業をするうえで気になるのが、「本業は何をすればいいんだ?」という問題です。

これに関しては、僕は断然障害者雇用を勧めます。

というわけで、今回は障害者雇用+副業が最強と考える理由を挙げていきます。

 

理由①:ストレスが少ない

聖書とロザリオと燭台の写真

障害者雇用を選択すれば、不得意な部分や配慮してほしい点を相談しながら働くことが可能です。

障害者雇用を展開するのは主に大企業なので、福利厚生や休日面も恵まれています。

心身に掛かるストレスが減るので、自然と副業しやすい環境が整います。

もちろん、フルタイムでも収入は低めですが、副業で補えれば問題ありません。

 

理由②:雇用が安定している

レトロな地球儀の写真

障害者雇用は福祉の一環で行われ、厳しいノルマや目標を設定されることは基本ありません。

よほどの理由がない限り、安定した長期雇用の下で働けます。

残業も少ないので、副業にも挑戦しやすい環境です。

ただし、障害者雇用で副業を許可する企業は少ないので、露見しないように気を付けましょう。

理由③:コストパフォーマンスに優れる

AIR JORDAN 1のコラボスニーカーの写真

収入が低いイメージのある障害者雇用ですが、障害者に対する保障を考慮すると、実はコストパフォーマンスは悪くありません。

住民税や所得税の減免、公共交通機関の割引、施設利用料割引、NHK受診料割引、障害者年金など、制度をフル活用すればかなり支出を抑えられます。

支出が減る=収入が増えるなので、額面以上に手取りは増えます。

残業時間も少ないことを考えると、中小ブラック企業で働くよりも、はるかに効率的です。

理由④:就労移行支援事業所で副業に役立つスキルを学べる

木の下に飾られたスニーカー(エアズームテラカイガー)の写真

障害者雇用を目指す場合、就労支援移行事業所で職業訓練を受けることができます。

長期間働くための心構えや簡単なPCスキルのほか、プログラミングやWEBデザインといった副業で役に立つスキルを学ぶことも可能です。

就労移行支援事業所は非常に安価に利用できるので、通常なら10~30万円かかるプログラミング、WEBデザインのスキルを簡単に習得できます。

これらのスキルを学び、障害者雇用+副業の体制を構築できれば、収入は安定します。

 

理由⑤:キャリアを柔軟に選択できる

家に持ち帰った宝箱の写真

副業にチャレンジしても、必ず成功するとは限りません。

勢い余って独立やフリーランスを選び、失敗する方も大勢います。

障害者雇用+副業なら、どのような状況になっても、キャリアを柔軟に選択することが可能となります。

副業がうまくいきそうなら独立するもよし、うまくいきそうにないなら障害者雇用一本に戻ってほかの副業に挑戦するもよしです。

先ほども言った通り障害者雇用はストレスが少なめなので、ひとまず安定して働きながら、自分に合う副業をじっくり探すことができます。

長期戦のつもりで、自分にあったライフスタイルを焦らず模索しましょう。

 

目指すは副業+障害者雇用で年収300万円

籠に入ったフラワーアレンジメントの写真

このように、副業と障害者雇用を組み合わせれば、安定した環境の下チャレンジができるのでおすすめです。

ある程度稼ぎたい方は、まずは副業+障害者雇用で年収300万円を目指すとよいでしょう。

年収300万円を超えれば、少なくとも自分一人でつつましく生きるだけの金額が手に入ります。

余剰のお金は貯金し、老後に備えることも可能です。

副業+障害者雇用で、安定した生活を目指しましょう!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました