クレジットカードが欲しい発達障害当事者に楽天カードを勧める理由3つ

発達障害×お金
スポンサーリンク

どーも、スンダヴ(@1PVFisXfm6gY8qd)です。

最近は、出勤ルートの電波状況が常に「圏外」なので困っています。

今回は、クレジットカードの保有を考えている発達障害当事者に向け、楽天が展開している「楽天カード」を勧めたいです。

・審査が簡単

・ポイントが溜まりやすい

・利用できる関連サービスが豊富

という特徴を持っており、「クレジットカードが欲しいけど審査が通るか心配…」「どうせならポイントをたくさん貯めたい」という当事者の方におすすめのカードとなっています。

使いこなせば生活の助けとなるので、興味のある方は申し込んでみましょう。

そもそも楽天カードって?

楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。

楽天カードホームページ URL 

お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料:楽天カード
クレジットカードは楽天カード。年会費無料の楽天カードは顧客満足度11年連続No.1、ポイント還元率1%~最大3%!ポイントは楽天市場の好きな商品や街の加盟店でもご利用が可能です。新規入会&利用でポイントプレゼント!

「楽天カードマン」のCMを、テレビで見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2019年12月には月の取引が1兆円を突破するなど、取引額の多いクレジットカードです。

利用者も、2019年3月に1700万人を突破しました。

僕自身は、2019年にこれまで使っていたデビットカードの代わりに楽天カードを入手。

多い月では支払額が15万円超えるなど、支払いのほとんどを楽天カードで決裁しており、生活になくてはならないカードとなっています。

発達障害の方でも、審査が通りやすい楽天カード

楽天カードの特徴の一つとして、「審査が通りやすい」というのが挙げられます。

大学時代にクレジットカードの支払いを滞納し、(恐らく)金融機関からブラックリストに入れられている僕でも、審査にあっさり合格しました。

楽天銀行の口座開設は拒否されたので、基準が緩いだけでしっかり審査されていると思います。

楽天カードの公式ホームページによると、カードの申し込み資格は以下の2つです。

・18以上であること(高校生を除く)

・楽天会員であること

フリーター、家事手伝い、アルバイトなど、正社員ではない方も容易に入手できます。

正社員職に就けていない、障害者雇用で働いているなど、仕事上で悩みを抱えている当事者も、申し込めば高い確率で入手できるのです。

なかなかクレジットカードの審査に合格できない、発達障害当事者にとって救世主と言えるカードです。

楽天カードはポイントが溜まりやすく、発達障害当事者にとって便利

また、楽天カードのポイントである「楽天ポイント」を貯めることで、実質的収入を増やすことが出来ます。

多くのクレジットカードが月の支払額のポイント還元率を0.5%と設定している中、楽天カードは1%になっています。

つまり、使った金額の1%が、ポイントとして返ってくるのです。

月10万円使えば1,000ポイント返ってくる計算になるので、なかなか馬鹿にできない額になります。

また、「関連サービスを利用するだけで500ポイント」といったポイントを簡単に貯められるキャンペーン、ポイント還元率そのものを最大16倍までアップさせる「スーパーポイントアッププログラム」なども開催されており、月額数万円のポイントを稼ぐ猛者もいます。

楽天カードを新規発行するだけで5,000ポイント付与されるキャンペーンもあるので、「とりあえず発行だけしてみる」のもいいでしょう(時期によって差異があります)。

「収入が少ないので何か副業をしたい」という発達障害当事者にとって、もっともおすすめのクレジットカードといえます。

楽天カードは関連サービスが豊富で、発達障害当事者の生活も豊かに

貯めた楽天ポイントは、楽天の関連サービスである「楽天市場」、「楽天ブックス」、「楽天トラベル」で利用可能です。

Amazonと並ぶ「楽天市場」だけでも、ポイントの使い道には困らないでしょう。

これらの関連サービスは楽天ポイントが溜まりやすいようになっているので、

・楽天ポイントで楽天関連サービスを利用する

・楽天関連サービスから、多くのポイント還元を受ける

・そのポイントで、再び関連サービスを利用する

というサークルを作ることが出来ます。

旅行、読書、美容、競馬といったあらゆるサービスがあるので、それを利用しながら楽天ポイントを貯めつつ、生活を豊かにしていきましょう。

まとめ

・審査がおりやすい

・楽天ポイントで収入の足しになる

・関連サービスが豊富で、生活が豊かに

「ついつい浪費してしまう」というクレジットカード特有の怖さはありますが、それを乗り越えれば、楽天カードで生活を便利にできます。

クレジットカードに興味はあるけどまだ持っていないという発達障害当事者の方は、ぜひ楽天カードを申し込みましょう。

副業に関する相談は、タイムチケットで請け負います。

寄稿サイト「ベストライターズcafe」では、「発達障害×生き方企画」の記事が多数紹介されているのでぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました